未来農園について

未来農園とは

未来の農業を障がい者と共に支えたい

農林水産省の発表によると、2015年の個人経営体「農業従事者」は約175.7万人でした。しかしその後は、毎年10~50万人ほど減り続け、2022年には122.6万人にまで減少しました。

平均年齢も67.9歳で、65歳以上の割合が70%というのが現実です。

未来農園では、精神・知的障害者を中心に雇用し、将来起こりうる日本の農業崩壊を阻止できないかと考えています。

現在、発達障害を持つ従業員3名と神戸市西区の神出観光ぶどう園で除草作業や剪定などを勉強しながら、自家農園でぶどう、いちじく、野菜の栽培を開始しました。

車椅子でも農業ができる農園も造成中です。

未来農園ロゴについて

未来農園ロゴの意味

未来農園のロゴマークには、障がい者でも農業は持続可能な仕事になれることを願っているという意味があります。

概要

組織名未来農園
住所〒651-2216 神戸市西区美穂が丘5-3-2
圃場:神戸市西区押部谷町
電話番号050-3579-0110
事業内容障がい者による農産物の生産及び加工販売
ぶどう・いちじく・野菜
運営会社農業生産法人合同会社ADBコンサルティング
本社
〒651-2304 神戸市西区神出町小束野58-104

プライバシーポリシー

著作権

運営する当サイトのテキスト・画像・デザイン等の著作権は、運営元である「合同会社ADBコンサルティング」が有しており、画像の複製やテキストのコピー等の著作権侵害が見つかった場合には、利用サーバー元に「プロバイダ責任制限法」に基づき、送信防止措置依頼を行い、顧問弁護士よる該当運営元の発信者情報開示請求をし、法的手段での賠償請求の対象となります。